名古屋発 旅行☆食べ歩き☆猫ブログ

趣味の旅行や食べ歩き(主に名古屋東部)の情報発信 時々アメリカンカール

フロリダ WDW旅行記(2019年10月)~パーク4日目 エプコット 前編~

1.はじめに

生きてるうちに1度は行っておきたいとずーーーーっと思っていた、念願のWDW家族4人で行くことが出来ました。6泊8日で宿泊先はアートオブアニメーションリゾートです。パーク1日目はマジックキングダム、2日目はハリウッドスタジオでしたが、3日目はアニマルキングダムに行きました。今回は4日目に行ったエプコットのことを書いていきたいと思います。

2.ホテルからパークへの移動

当日のパークの営業時間は9:00~21:00でした。エキストラマジックアワーは、他のパークでは朝早くから入園できますが、エプコットだけは夜に設定されていて、21:00~23:00がエキストラマジックアワーとなっていました。開園の9:00を目指してホテルからパークへスカイライナーで行くために8:50に乗り場に着くとエプコット行きは運休しているようで、仕方なくバス乗り場に移動。すると一組しか待ってる人がいませんでした。どうやらバスは出てしまったばかりのようです。しばらく待つことになりました。バスに乗ってからは15分ほどでパークに着きました。

3.エプコットを遊びつくす!前編

4日目にして初めて空が明るくなってからのパークインです。

f:id:tabitogurume:20200104183734j:plain

↑まずは、エプコットのシンボルの前で記念撮影

最初にベイマックスとのグリーティングに行きました。

f:id:tabitogurume:20200104185530j:plain

(フォトパスにて購入)ふわふわぽんぽんでした。

テストトラックをファストパスプラスで予約していましたが、まだ時間が早いので、ノルウェー館まで移動して、フローズン・エバーアフターというアナ雪のアトラクションに並びました。結構待ち時間があったと思います。ボート型のライドに乗って、映画の世界をクルージングします。エルサが登場したところがクライマックスで、マッチした映像と音楽に感動しながら、突然変化したライドの動きに驚かされます。

ライドを降りたところにお土産屋さんがあって、そこに大きな木彫りの像がありました。

f:id:tabitogurume:20200104191847j:plain

↑巨大です。ノルウェーの伝説の・・・何か・・・・なのか・・・?

グリーティングもありますが、時間の関係で後回しにして、テストトラックに向かいました。途中、エプコット・エクスペリエンに立ち寄って時間調整しました。ここでは360度スクリーンで、大きな変貌を遂げようとしているエプコットの拡張計画が紹介されています。将来フランス館にレミーのおいしいレストランのアトラクションが出来たり、マーベル映画のガーディアンズ・オブ・ギャラクシーのアトラクションも何処かにできるようです。また来ることができるかどうか分かりませんが、早速帰りの飛行機の中でガーディアンズの映画は見ておきました。

エプコットのテストトラックは、タッチパネル(日本語対応)でグループ毎に車をデザイン・カスタマイズし、テストコースを走って、その車を評価するものです。2列で6人乗れる車型のライドですが、ライドのデザインが変更される訳ではなく、ライドの液晶パネルにデザインされた車が反映されます。最初の方は屋内での走行ですが、最後は屋外に出ます。そこで行われる時速105kmで飛ばすスピードテストですが凄かったです。普通にオープンカーで爆走する感じです。全てが終わるとテスト結果が点数として表示され、ライドの中の順位が分かります。ライドを降りると広いスペースに出て、本日の順位が表示されるパネルがあったり、シボレーの実車があったり、自分がデザインした車と写真が撮れたりします。デザインした車が点数化されることが楽しかったし、ライドの動きが楽しかったし、エプコットの中では一押しのアトラクションです。

次にスペースシップアースに行きました。これもファストパスプラスで予約していました。巨大なゴルフボールのようなエプコットのシンボルの中にあるアトラクションです。日本語説明を選択できます。ライドに乗って人類の進化の歴史を見ていく前半は退屈でしたが、後半はタッチパネルを使ったアンケートがあり、その結果を反映した理想の未来が映し出されます。その時に、いつの間にか撮影されていた自分達の写真が使われます。後半は楽しめました。

昼食は、ワールド・ショーケースへ行って食べることにしました。ボートに乗って一番奥に渡り、そこから近いフランス館へ行きました。ここに人気のパン屋さんがあり、少ないですが屋内に座席もあるので、買ったパンとドリンクでランチとしました。美味しかったですが、口コミほどではない気がしました。詳細はこちらをご覧ください⇒https://tabitogurume.hatenablog.com/entry/2020/01/12/171112

後から調べると、フランス館にはアトラクションとして、フランスの美しい風景を180度のパノラマ映像で見れるシアターがあるようですが、気が付きませんでした。正面奥の建物のドアの前にスタッフが2人立っていましたが、多分そこだったのかな。誰も並んでなかったので、分かりませんでした。

フランス館を出た後は、ワールド・ショーケースをぐるりと回ることにしましたが、何をどうやって楽しむかがよく分かりませんでした。各館にはレストランやお土産屋さんがありますが、昼食は済ませたし、お土産には興味がないし。モロッコ館はスルーしましたが、とりあえず日本館近くでは写真を撮りました。

f:id:tabitogurume:20200105185618j:plain

↑鳥居の中にゴルフボールが見えるように写真を撮るのが定番のようです。

日本館の隣はアメリカン・アドベンチャー館で、中には入ってみましたが、展示物をチラ見して、つまらないので直ぐに出てきてしまいました。

アメリカ館を出た後は、イタリア館はスルーして、ドイツ館に向かいました。カラメル・クチェというキャラメル専門館で、スイーツもありますが、手軽に食べれるキャラメルポップコーンが人気です。口コミでは絶品という評価もありますので楽しみにしていました。食べて見ると、んっ?食感はサクサクしていません。濃厚なキャラメルのせいもあって、表現悪いですが、ぐちゃって感じがします。キャラメルの味は濃いめですが、甘くて美味しいです。でもTDRのポップコーンの方が私は好きです。
 

⇒後編へ続く

 

#wdw旅行記 #wdwエプコット  #wdwエキストラマジックアワー #wdwテストトラック #wdwフローズン・エバーアフター #wdw攻略法  #wdwアナ雪 #wdwスペースシップアース #wdwグリーティング #wdwフランス館 #wdw日本館 #wdwドイツ館 #wdwカラメル・クチェ #wdwポップコーン #フロリダディズニーワールド