名古屋発 旅行☆食べ歩き☆猫ブログ

趣味の旅行や食べ歩き(主に名古屋東部)の情報発信 時々アメリカンカール

フロリダ WDW旅行記(2019年10月)~アート・オブ・アニメーション・リゾート (3)リフィルマグ~

1.はじめに

私達がWDWで宿泊したホテルは、アート・オブ・アニメーション・リゾートです。前回はフードコートについて書きましたが、今回はフードコートで使用するリフィルマグについて書こうと思います。

2.リフィルマグとは

(1)基本情報

一度購入すれば、ホテルに滞在している間は何杯でもフードコートにてソフトドリンクを飲むことができるカップです。容量は500cc弱だと思います。価格は少しずつ値上がりしているようで、2019年10月現在では19.99ドルです。何回も使えるので、滞在期間が長い程お得になります。ペットボトルのミネラルウォーターが3ドル以上、コーラやジュース類は4~5ドルくらいすると思いましたので、5回以上使えば元が取れるという感覚です。底にチップが埋め込まれていて、ホテルの滞在期間(チェックイン日~チェックアウト日)情報が書き込まれるようです。

(2)購入方法

カップはフードコートに陳列されています。それを手に取って、集中レジに持って行けば購入できます。その時レジで、「今から使用するか?」というような質問をされます。YESと言えば、その場でチップに書き込みし、使用可能となります。

(3)使い方

ドリンクサーバーに持って行き、セットして好きなドリンクのボタンを押すだけです。フードコートの中で飲むことが出来ますし、外に持ち出してもOKです。但し、蓋は付いていますが、漏れる可能性があるので、移動時は必ず手に持つことをおススメします。たまに手に持ったままパークに持ち込んでいるアメリカ人を見かけますが、結構しんどいと思います。ホテル内のフードコートか部屋のみで使用し、パークに持ち込む場合は水筒に移し替えた方が良いと思います。
一度ドリンクを入れると、数分間は使えなくなるようです。しかし、食事中におかわりしても問題はなかったので、連続使用がダメなだけで、使えなくなる時間は短いと思います。
ドリンクサーバーの横には、カップの洗い場があります。ドリンクの種類を変えたり、空にして持ち帰る時は、そこで簡単にすすぎ洗いができます。
リフィルマグを両手に持ってホテルの部屋とフードコートを行き来する人を、よく見かけました。私もやりましたが、部屋からドリンクだけ貰いに往復しました。その役目は、どこの家族でも、お父さんが務めていました。

(4)図柄の種類

定期的にデザインは変更されているようです。私達が購入した時は以下のデザインでした。

f:id:tabitogurume:20191129203035j:plain

f:id:tabitogurume:20191129203114j:plain

f:id:tabitogurume:20191129203147j:plain

↑左側はミッキーの図柄です。右側のは、カーズ、トイストーリー、ニモの図柄です。この他にハロウィン限定デザインがあり、全部で3種類でした。グリップと蓋の色は、複数あり、写真の黒、緑の他に赤がありました。
蓋は嵌めたまま、クルッと回すと穴が開いたところがあって(塩やコショウで、そ-ゆーのありますよね)、そのまま飲めたり、他の容器に移し替えたりできます。

3.ドリンクメニュー

f:id:tabitogurume:20191129204021j:plain

f:id:tabitogurume:20191129204057j:plain

↑ジュース類のドリンクサーバーです。左端と右端は同じオリジナルのコーク、水色のところは「空き」なので、10種類あることになります。炭酸が苦手な人には、レモネードがあります。右から3番目のルートビアは、衝撃的な味でした。くそ不味くて一口飲んで捨てました。
パークの中のソフトドリンクメニューも大体似た様なものです。
左から4番目の レモネードには黒い注ぎ口の左横にグレーの四角いモノが写っていますが、このボタンを押すと水が出てきます。この水を部屋に持ち帰って、麦茶を作りました。
この他にコーヒーサーバーもあります。また、お湯だけ入れることができ、紅茶などのティーバッグがあります。

 

#wdw旅行記 #アートオブアニメーション #アートオブ・アニメーション・リゾート #アートオブアニメーションホテル #アートオブアニメーション食事 #アートオブアニメーションのレストラン #wdwフードコート #アートオブアニメーションのフードコート #アートオブアニメーション朝食 #アートオブアニメーション夕食 #リフィルマグ #wdwリフィルマグ #wdwフリードリンク #リフィルマグとは  #リフィルマグ価格